『冷え』の性質

こんにちは いつもご訪問いただき有難うございます。

\n

鴻巣の整体院ささき  院長のささきさとしです。

\n

\n

\n

前回の説明で、『冷え』と『冷え症』の違いはおわかりいただけたでしょうか?

\n

\n

『冷え症』『冷え』という悪い状態が招く症状のひとつだとお考えくださいニコニコ

\n

\n

『冷え』の性質として、上は温かく下が冷たいという性質があります。

\n

\n

顔や上半身が熱く火照っているが、足は温かくない、などは典型的な『冷え』の状態そうだ!

\n

\n

これは相対的なものらしく、足元を温めていても、上半身がそれ以上に熱ければ『冷え』なんだそうですえー

\n

\n

そう考えると、程度に差はあれ、現代人のほとんどが『冷え』状態なのかも知れません。

\n

\n

特にこれからの季節は、そういった状況になりがちです。

\n

\n

冬の間は寒いので、身体を冷やさないように心掛けますが、夏になると、全体的に薄着になります。

\n

\n

しかし冷房の効いた部屋は、床周辺に冷たい空気が滞留し、上半身に比べ下半身を冷やしやすいんですね。

\n\n

季節を問わず、扇風機などで部屋の空気を循環させるとイイですよタケコプター

\n

\n

\n

最近は、畳よりフローリングのお家が増え、より足を冷やしやすくなりました。

\n

\n

裸足は一見、健康的に見えますが、それは大地(土)の上での話

\n

\n

夏でも、屋内では靴下くらい履いていた方が良さそうです。

\n

\n

現代人は、文明によって便利になった半面、『冷え』の脅威にさらされているんですねへー顔

\n

\n

\n

\n

\n

\n

‘, 0, ‘http://www.cha2ki.net/blog/?p=126’, 0, ‘post’, ”, 2);

Filed under: 未分類 — cha2ki 9:57 PM